サブカテゴリー

シュタゲ新作がパチスロで

パチスロでシュタゲ最新作発表『想定科学パチスロ Steins;Gate 廻転世界のインダクタンス』プレス発表会【機種】

© セブンラッシュ
秋葉原を舞台にした科学アドベンチャーとしてゲームやアニメと多彩なメディアで展開されている人気作品が、聖地にあるライブ会場でパチスロとなってお披露目された。

発表されたのはオーイズミの新機種『想定科学パチスロ Steins;Gate 廻転世界のインダクタンス』。9月15日(火)に開催されたプレス発表会では「シュタインズゲートは聖地秋葉原を舞台にした大人気作品で、ユーザーからのパチスロ化を望む声も多かった。単なるタイアップではなく新作という扱いで、オリジナルストーリーが楽しめるようになっている。スペックではタイム リープATとして、続きからATを楽しめる画期的システムを搭載している」と同社がコメント。また機種説明を行った広報担当(仮)の BOM☆岩崎氏からも「原作のストーリーに沿ったタイムリープシステムが最大の特徴です」と語られたのだ。

スペックは純増約2.2枚、高ベースタイプのAT機で、70GのBIG、24GのREG、そして200GのプレミアムBIGと3種類の擬似ボーナスを搭載。またAT「シュタインズ・ ゲート」は1エピソードが1セットとなる52Gのゲーム数上乗せタイプで、継続すれば次のエピソードへ進行。また継続に失敗した場合でもAT終了後200G以内のボーナス当選がATに切り替わり、失敗したエピソードから再スタートするというタイムリープシステムを搭載し、原作のエピソードを楽しみつつ出玉を増やせるようになっている。

発表会にはシュタインズゲートといえばこの人、オスでもメスでもない「オメスです」こと最狂広報ジョイまっくすポコさんがゲストで来場。BOM☆岩崎さんとのトークでは「二十歳くらいからパチスロを打っていて、シュタインズゲートがパチスロになるのをずっと待っていました」とパチスロ化について喜びの声を寄せ、さらにBOM☆岩崎さんの「原作を見た時、これはオーイズミならパチスロにできると思った」とのコメントに対し「力を入れてくれると思いました、早くホールで打ちたいです」と感想を語っていたのだ。

失敗しても何度でもやりなおせるタイムリープATを体験できるホールデビューは、11月上旬が予定されている。
(C)MAGES./5bp./Nitroplus 協力:未来ガジェット研究所

[ 9月16日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索