サブカテゴリー

一発告知ランプ搭載!!

西陣初のデジパチ機で人気を博した「麻王」が覚醒スペックで甦る!!【機種】

© セブンラッシュ
(株)西陣は12月20日、パチンコ新機種「CR麻王DX SP」の発売に伴い、マスコム向け機種説明会および、内覧会を同社東京ショールームにて開催した。

冒頭の挨拶に立った同社広報宣伝部 高田氏は「初代の麻王は今から23年前、1993年にリリースされた西陣初のデジパチ機で花満の前にリリースされオールドファンには馴染みのある機種である。本機は覚醒スペックと銘打ち、従来の甘デジスペックよりも遊びやすい確率と、電サポ突入時の継続率が現行機の最大値として高い連チャン性も有している」と語った。

続いて同社 広報宣伝部 鈴木氏より機種説明が行なわれた。「本機は大当たり確率67分の1、ST継続率は65%、時短継続率が59%のV確STタイプとなっており従来の甘デジとは一風変わった“新生覚醒スペック”と銘打っている。ヘソからの初大当たり後は10%がST10回転+時短60回で、それ以外は時短10回となっている。非確変突入になった場合は10回転の時短のハピネスタイムへと突入し、その時短中に大当たり出来れば確変突入となる。また通常時のモードはシンプルモード、通常モード、一発告知モードの3タイプから任意に選ぶことができるので様々な演出モードで遊んでもらいたい」と機種のポイントを説明した。

演出面では、「喜」のハピネスへランプが様々なタイミングで点灯し大当たりを告知する“一発告知モード”が搭載されている他、ポイント獲得で期待度がアップするP牌ゲート演出、パンダギミックのパトランプが光るとチャンスの“パトラッキーチャンス”、最強の激アツリーチの“大三元リーチ”、麻王フラッシュ予告などトリッキーな展開も含めたものが盛り込まれている。

機種説明会後はショールームが開放され内覧会が行われ、ホール関係者やマスコミによる試打が行われ賑わった。本機のホール導入は2017年2月を予定とのこと。
(C)NISHIJIN

[ 12月21日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索