サブカテゴリー

「ドキドキマンゴー」登場

パイオニアが「ドキドキマンゴー」内覧会【機種】

© セブンラッシュ
パイオニアは2月8日、東京ショールームにおいてパチスロ新機種「ドキドキマンゴー」の内覧会を開催した。

本機は「長く遊べる」をコンセプトにしたAタイプ機で、同社お馴染みのハイビスカスランプを搭載。ハイビスカスが光ればボーナス確定というシンプルなゲーム性だ。

特徴は、BB(純増最大300枚)とRB(同100枚)の中間となるMB(同200枚)の搭載し新たな波を生み出すとともに出現比率も高めているので、RB・MBを引いた後でも継続遊技を促す設計となっている。3種類のボーナス構成にする事でボーナステンパイを楽しむ要素がプラスされている。

通常遊技中はマンゴーとボーナスの同時当選期待度が高くなっておりマンゴーが2連続で揃いならばボーナス濃厚。また50枚あたり1回出現!?で約1/33で揃うマンゴー図柄にチャンスを集約し、マンゴー図柄揃いで次のゲームで再び図柄が揃えばMBorBBの期待度がアップする。次ゲームの第三停止まで期待感を楽しめる今までにない新感覚のゲーム性を搭載している。

また、マンゴー図柄が揃った次のゲームに「ハイビスカス」にタッチして、「パト」だけ点灯すればマンゴー図柄揃いが確定=ボーナスという“マンゴー”先告知機能「BISPATO」(ビスパト)や、リールがゆっくり回り始めたら小役成立の「SLOW START」、重複する違和感演出など、シンプルなゲーム性ながら飽きさせない演出が盛り込まれている。 ホール導入は4月予定とのこと。

[ 2月9日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索