サブカテゴリー

キン肉マン最新作がデビュー

キン肉マン最新作はタッグに燃えろ【機種】

© セブンラッシュ
多くのファンから支持された初代のDNAを継承する『パチスロ キン肉マン』最新作「パチスロ キン肉マン 〜夢の超人タッグ編〜」がお披露目された。

2月9日、東京・秋葉原で行われたプレス発表会で、山佐の佐野範一取締役本部長は「3つのコンセプトをもって開発させていただきました。一つ目はタッグ編ならではのタッグをキーワードにしたゲーム性、二つ目は初代DNAを継承しさらにパワーアップさせた『パチスロ キン肉マン』らしさの追求、そして三つ目は原作のバトルとスロット本来の引く・狙う・止めるという楽しみが融合した超人バトルになります。プレイヤーの皆様にもっと楽しんでもらいたいというシンプルな思いが原作への愛情となり、そしてパチスロへの愛情となり、それが我々を突き動かす力となります。弊社は本年度創立50周年を迎え、社員一丸となって業界全体を盛り上げていくという気概にあふれています。この『パチスロ キン肉マン 〜夢の超人タッグ編〜』は弊社の持てる技術力を全て注ぎ込んでおり、この業界の活性化につながることをお約束申し上げます」と主催者を代表して挨拶。

スペックは純増約2.0枚のART機で、ART「マッスルタイム」は初代のバトルに勝ち続ける限り継続するというゲーム性を継承。バトル目の成立から超人タッグバトル突入までゲーム数不問で継続し、バトル勝利で次セットへ継続するというのが基本の流れ。バトルでは中リールにタッグ図柄停止やボタンプッシュでキン肉マン役物発動で勝利が確定し、さらに勝利のストックチャンスである擬似ボーナスや、エピソードバトルからの必殺技で大量ストックのチャンスと、勝利を引き寄せる特化ゾーンも搭載。ARTへは前兆+高確ステージである友情モードや複数のCZからが突入チャンスになるが、ここでポイントになるのがレア役のタッグシステム。同じレア役を続けて引くことでタッグが成立し強レア役に変貌するという、原作の世界観を盛り込んだ新システムは要注目なのだ。

発表会にはゲストとして、キン肉マン大好き芸人のサンドウィッチマンさんが来場。「この人たちとこの人たちが戦うという夢の組み合わせには、本当に燃えました(伊達さん)」、「えー! っていう組み合わせがあったりと、一番好きなシリーズですね(富澤さん)」とキン肉マンへの思いを語り、続けてパンクラシストの中井りんさんと筋肉アイドルの才木玲佳さんのタッグチーム(タッグ名はサンドウィッチウーマン)と、真のサンドウィッチをかけてキン肉マンクイズで対決。見事に勝利したサンドウィッチウーマンの2人は、時折雪がチラつく寒さのなかコスチューム姿でガッツポーズ。最後に中井さんからは「私はパチスロをしたことがないんですが、これを機に皆さんもぜひやりましょう」、才木さんからは「これまで筋肉担当というキャッチフレーズがありましたが、今日からは『パチスロ キン肉マン』担当として応援していきます」、伊達さんからは「キン肉マン世代、キン肉マンのファンの人は本当にたくさんいて、そういう人はパチスロも大好きですから、ぜひ打っていただきですね。僕も打ちたいですし、ホールに並びたいです」、富澤さんからは「僕らもタッグで打ちに行きたいです」と、それぞれファンにメッセージが送られた。また会場には歴代シリーズが用意されたファン向けの試打コーナーや原画の展示コーナーが設けられたほか、サンドウィッチマンさんによるスペシャルステージも行われ、多くの人が『パチスロ キン肉マン 〜夢の超人タッグ編〜』ワールドを楽しんでいたぞ。

新たな戦いのゴングが鳴るホールでビューは4月上旬が予定されている。
(C)ゆでたまご・東映アニメーション (C)YAMASA

[ 2月10日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索