サブカテゴリー

歌姫テレサ・テン2登場

シマ全台、音と光で常にリンクする「フルオーケストラシステム」搭載!【機種】

© セブンラッシュ
大一は3月21日、同社東京支社にてパチンコ「CR摎君(テレサ・テン)2」のプレス発表会を開催した。

本機は人気歌手のテレサ・テンをモチーフとしたパチンコ機で、2006年に同社より登場した同名のシリーズ第2弾となる。

今まで各社より登場した“歌パチ”だが、「ハンドルを握った瞬間から歌を聴けたら」、「隣の台を気にせず歌を聴けたら」、「リーチがはずれても歌を聴きたい」といった“あったらいいな”という要望に基づいた「フルオーケストラシステム」機能を搭載し、新たな歌パチへのチャレンジとして開発された。これにより、リーチがはずれても、確変中&時短中でも、常にシマ全台が歌と光でリンクし幻想的で感動的なプレイが満喫できるものとなっている。

搭載曲は大手カラオケ店で歌われている「つぐない」、「愛人」「時の流れに身をまかせ」などがSPリーチで流れるほか、それらを含む今でも色褪せない上位15曲を搭載。特に全回転リーチでは「何日君再来」の曲にのってテレサ・テンの数々の映像があますところなく堪能できる。

演出の3大チャンスは「テレサ挨拶予告」、「蝶群予告」、リーチの「時の流れに身をまかせ」が最強予告となり高信頼度となっているが、それ以外の予告やリーチにいたっても、複雑さを排除しシンプルで分かりやすさを基本としているので、期待を持たせておいてはずれたという様なストレスを与えない演出が施されている。また、図柄が足して10(テン)になれば激アツだったり、確変中にスーパーリーチで当たれば継続率が高いなど、シンプルながら打ち込むことでプレイが楽しくなる要素も盛り込まれている点にも注目したい。

ゲームフローも至ってシンプルな確変ループを採用。奇数図柄揃いが確変当たり、偶数図柄揃いが通常当たりとし、通常でも確変昇格チャンスを残した王道のゲーム性となっている。

またセールスポイントとして、ターゲット層を50代以上の高年齢層に絞り、スタート時でのスランプを軽減させるため8個保留にしてストレスを軽減させたり、様々な場面で蝶演出が出現すれば期待が持てたり、突然確変、小当たり、少量出玉非搭載など安心スペック仕様となっている。

出玉においては、16R確変が1344個、通常が1536個と、やっと当たったのに出玉が少ないという不満を出さないよう、あえて通常当たりの出玉を多くした上で時短に入る展開にしている。うえにミドルタイプでは、初当たりが確変ならば、最低でも1344個+1536個の合計2880個が保障される。

スペックは大当たり確率:約1/319(確変時約1/39.96)、確変突入率:55%の「CRテレサ・テン2NM-R」と、大当たり確率:約1/199(確変時約1/19.9)、確変突入率:52.5%の「CRテレサ・テン2NG-J」の2タイプが揃っている。

プレス発表会では、ショールームに設置されたデモ用の台が一斉にリンクし、全台、筐体の光の演出と搭載曲が流れ、ライブハウスを思わせるような雰囲気を醸し出していた。ホール導入は5月上旬を予定している。
協力:(財)摎君文教基金會
映像協力:(株)TBS

[ 3月22日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索