サブカテゴリー

渡鬼スペックで登場!!

国民的ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」がついにパチンコで打てる!!【機種】

© セブンラッシュ
サミーは5月15日、品川プリンスホテル「クラブeX(エックス)」のにおいて新機種「ぱちんこCR渡る世間は鬼ばかり」のプレス向け発表会を開催した。

モチーフとなる「渡る世間は鬼ばかり」は、1990年からTBSで長きにわたり放送されているシニア世代には圧倒的人気を誇る橋田壽賀子ドラマ。ドキドキ感と遊びやすさを兼ね備えた“渡鬼スペック”と、渡鬼らしさを詰め込んだ喜怒哀楽の演出群で幅広い層が手軽に楽しめる内容となっている。

まず主催者挨拶に立った同社上席執行役員 クリエイティブオフィサー田中宏考氏は、「昨今の業界はユーザー離れの状況が続いております。どの世代のニーズに対応できる多種多様な遊技機を送り込めるよう開発に取り組んでいます。その中でも現在多いバトルモノ系とは一線を画す、日々の生活に近いコンテンツを市場に送り出したいと考え、渡る世間を採用しました。初めてプレイするユーザーにも分かりやすく、現パチンコファンには新しいと感じられることをコンセプトに開発してきました。また、お馴染みのドラマのメインテーマ曲に歌詞を付けて天童よしみさんが歌っている点にも注目して下さい」と実機に対する熱い思いを述べた。

機種のPVに続いて、ゲストで泉ピン子さんと角野卓造さんが登壇。「まさか渡る世間がパチンコになるなんて思わなかったわ。売れてなかった頃はずっとパチンコで食べてお世話になってました」などと泉さんに対し、角野さんは「こんな煌びやかで驚きました。20代の頃は年間360日くらい一般機を打ってましたよ」とパチンコの思い出を語った。

その後は二人による試打が行なわれ、コミカルな演出が出るたびに興奮ぎみでプレイを展開。大当たりで橋田壽賀子さんの似顔絵がランプギミックに登場すると大爆笑しながらも、打ち足らない様子で終了。泉さんは「自分は落ち着いてストーリー(演出)を観るのに一週間は通わないとね」と、角野さんは「7/3にホールに登場したらチャレンジしたいですね。どういう展開になるのか興味気があるね」とコメントした。

締めの挨拶として同社 営業本部 営業企画部部長 中野敏行氏が登壇。「分かりやすくどんな世代にも楽しんでもらえるように仕上げました。この機種も多くの皆様に愛される機種です。また今回「A‐SLOTエイリヤンエボリューションを同時にリリースします。エイリヤンは自社のプレミアムキャラで、装いも新たに活躍する完全オリジナルコンテンツとなっていて、誰もが楽しめるAタイプ。パチンコもファンの皆様に愛されサミーの実写タイトルの柱として育てていきたい」とコメントした。最後は出演者に寄るフォトセッションで会を締めた。

本機のスペックは、大当たり確率約1/299.3(高確率時約1/128.3)、確変突入率ヘソ50%、電チュー62%のV入賞確変ループタイプで、通常大当たり後100回の時短が付く。電チューからの確変大当たりは62%で全て16R(約1792個)となる(9R通常38%)。

演出面では、相続するほどチャンスアップする新感覚「リーチ相続システム」を採用する他に、確変「超幸楽モード」は、鬼達とのバトルが勃発。五月(泉ピン子)が鬼たちとのバトルを展開させながら姑の怒りを鎮め、鬼メーターをゼロに出来ればバトル勝利となるなど、ドラマの世界観が満載の構成となっている。本機のホール導入は7月3日予定とのこと。
(C)TBS (C)Sammy

[ 5月16日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索