サブカテゴリー

ARTは「神」か「悪魔」か?

遊技へのモチベーションを爆発的に高めるトリプルフリーズ搭載!!【機種】

© セブンラッシュ
ハイライツ・エンタテインメントは6月30日、東京ショールームにおいて新機種「神の左手悪魔の 右目(THE GOD OR DEVIL)」の発表、内覧会を開催した。

神と悪魔をモチーフにした同社オリジナルコンテンツとなる本機は、ARTをメインに出玉を獲得していくタイプ。神と悪魔、それぞれゲーム性の異なる2種類のARTを搭載。液晶の数字が奇数揃いならばセット数+継続率管理型のART「神RUSH」、偶数揃いならばG数管理型の「悪RUSH」に突入する。純増はいずれも約1.9枚/G。主な突入契機は当選期待度平均33%のCZ。またCZには連続性があるため、ART非当選でもチャンスが残される仕様だ。

「神RUSH」は1セット40G+αで、継続率は最大90%オーバー。規定G数消化後に5G間継続する「FINAL JUDGE」で図柄が揃えば「神RUSH」が復帰しスタートする。ART中は様々な契機でセットストック上乗せ抽選が行われる。中でも「5ODCOUNT(ゴッドカウント)」はチャンス役や“審判”揃いで突入するセットストック特化ゾーンとなっている。

一方、最低25G保障でG数管理型の「悪RUSH」は、業界初の「カードカウンティングシステム」を搭載。液晶左上に配置されているカードの色(銀・金・キラ)やキャラ、星の数などで残りG数を示唆する予測不能な斬新なゲーム性が魅力のG数上乗せ型ART仕様となっている。

またプレイへのモチベーションを爆発的に高める業界初の「トリプルフリーズ」を搭載、フリーズは神系は7図柄揃い、悪魔系は6図柄揃いでそれぞれのART+上乗せ特化ゾーンが確定だが、0図柄揃いなら、神と悪魔が融合するART「生命の神秘」へ突入し、あらゆる特化が解き放たれ期待枚数2100枚オーバー獲得可能となる。ホール導入は8月下旬予定とのこと。
(C)Highlights Entertainment Co.,Ltd.

[ 7月3日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索