サブカテゴリー

パチンコ版“まどマギ”

遡行ループシステム「マギカ☆RUSH」が運命を変える!!【機種】

© セブンラッシュ
京楽は7月12日、秋葉原の同社東京支店において新機種「ぱちんこ 魔法少女まどか☆マギカ」のプレス向け発表試打会を開催した。

タイアップとなる「魔法少女まどか☆マギカ」は2011年1月のTVアニメ放送開始以降、漫画、小説、ゲーム、そして劇場版映画とメディアミックス展開されすべて人気を博した大人気コンテンツ。パチンコ化にあたり、原作の世界観を活かした演出やゲーム性が楽しめるのはもちろん、パチンコならではの演出や完全オリジナル楽曲も3曲搭載している。

同社からは機種コンセプトとして「大人気コンテンツということで、もともとのファンからも愛してもらえることを念頭に開発した。感情移入できるような作りで、打てば世界観を感じてもらえるはず」と報告があり、ファンのイメージを崩さないよう製作されたことが説明された。
続いて機種説明では「本機の一番の特徴は“マギカ☆RUSH”で、すべての大当りから突入チャンスあり、原作でも重要な演出のひとつである“ワルプルギスの夜”で(時短1回+保留4個)にて最強の魔女を倒すかどうかで“マギカ☆RUSH”突入か否かが決定する。直接突入パターンもあるが、85%はここから経由して突入となる。突入できれば新継続システムで迫力ある出玉感を体感できる。なお、“マギカ☆RUSH”はバトルモードとストーリーモードの2種類を自由に選択可能となっている。いずれのモードでも大当りすれば“マギカ☆RUSH”が継続となり、継続を重ね“アルティメットBONUS”引き当てることが本機の真骨頂」「“アルティメットBONUS”は引き当てれば16R(約2055個)大当りと次回大当りがほぼ約束されている“アルティメットRUSH”(99回時短)に突入。ここでは、16…44アルティメットなどどこまで続くか分らない上乗せされている感覚で再びBONUS獲得チャンスを得られる。1種2種混合タイプでありながら実際はST機種に近い形になっており、分りやすいゲーム性となっている」と自信をみせた。

ゲストにゼブラエンジェルのらんらんグリーンこと山内鈴蘭(写真・左)さんと、たにパープルこと谷真理佳(同・右)さんが登場してトークショーを行った。それぞれ、まどか☆マギカのキャラのコスプレで登壇し「コスプレ姿は恥ずかしいものですね」と冒頭の挨拶で述べ、キャラへの思い入れや、好き過ぎて打ってて涙が出てきちゃいそうと本機の魅力を興奮ぎみに語った。

本機のスペックは1種2種混合タイプ。大当り確率は約1/319.7、右打ち中は約1/7.2、RUSH突入率約60%(大当り後の「ワルプルギスの夜」経由を含む)、
大当り内訳(右打ち中)は4R(約435個)+「マギカ☆RUSH」が35%、12R(約1515個)+「マギカ☆RUSH」が55%、16R(約2055個)+「アルティメットRUSH」が10%となっている。

筐体の上部にあるキュウべえギミックは期待度の高いストーリーリーチ発展を示唆したりと本機のチャンス演出となっている。ホール導入は9月4日予定とのこと。
(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS
Licenced by SACRA MUSIC
Licenced by Aniplex Inc.
(C)KYORAKU

[ 7月14日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索