サブカテゴリー

YASUDAのPB機が登場

YASUDがPB機を発表! ジェイピーエス・安田屋「YASUDA7」プレス説明会【メーカー】

© セブンラッシュ
首都圏に28店舗を展開する大手チェーンのYASUDAが8月24日(木)、プライベートブランド(PB)のパチスロを発表した。

パネルは同社のカラーであるオレンジを基調とし、ボーナス図柄にはYASUDAのロゴやマスコットキャラクターのヤンクルが描かれた、まさにPB機らしいデザインが特徴だ。
スペックは獲得枚数312枚のBIGと91枚のREGで出玉を増やすノーマルタイプで、ボーナス成立時にはリール左下のドキドキランプによる告知が発生(プレミアム演出も全76種類が搭載)という、誰でも安心して楽しめるゲーム性になっている。

上野のホテルで開催されたプレス説明会では、安田屋(YASUDA)の営業統括本部店舗強化推進室部長兼遊技機推進委員会委員長である臼見安寛氏が「地域一番としてお客様からの期待に応えるため、新しいことにチャレンジしたいと思いPB機を開発した。技術的な面はジェイピーエスが、企画分野を我々が担当し、二人三脚で開発に取り組んだ。」と語り、続けて「プレイヤーがワクワクできるゲーム性を実現させた自信作。これまでもPB機はあったが、、デザインやソフトをいちから作ったPB機は業界初と自負している。成功事例となれば2号機の開発も検討し、業界に新たなムーブメントを起こしていきたい」と、PB機で業界を盛り上げたいとの決意を述べていた。
またジェイピーエス管理本部管理本部長の相馬大悟氏からは「PB機のプロジェクトは1年前から立ち上げた。安田屋様とは11ヶ月前に安田屋様と商談をさせていただき、7ヶ月前から開発がスタートした」と開発の経緯が語られ、「今後もPB機事業を精力的に推進していき、PB機といえばジェイピーエスということを浸透させていきたい」として、現在も複数の法人と商談を行っていることが明かされた。

YASUDAグループへの導入は、まず神奈川と群馬で9月上旬からが予定されている。

[ 8月28日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索