サブカテゴリー

悪代官が役物機で登場

悪役勝利で大当りした「CR悪代官」が、役物機となって登場!!【機種】

© セブンラッシュ
豊丸は8月28日、東京営業所ショールームにおいて新機種「CR悪代官」のプレス向け発表会を開催した。

本機は2011年に発表された同名の「CR悪代官」を役物機種にしたリブートマシン。役物ならではの玉の動きによる面白さとドキドキ感でプレイヤーを楽しませてくれる仕様だ。

スペックはV図柄当り確率1/17.0、電チュー1/1.0、出玉数がV図柄当り1890個(16R)、数字図柄当り252個(3R)、赤鬼モード(時短)100回、赤鬼モード突入率100%、赤鬼モード継続率50%となっている。
ゲームフローは至ってシンプル。通常時は左打ちで“開スタート”に入賞すると、羽根が開放。玉がうまく羽根に拾われ、役物内を通過後、左の悪徳商人か、右のお得忍者の振り分けを通過して、下部の悪入賞で悪代官のドットの目が変動。V停止すれば大悪人ボーナス獲得となり、ラウンド終了後、次回大当りが濃厚な100回の時短の赤鬼モード突入となる。もし数字図柄揃いなら、ちょい悪人ボーナス(3R)となり通常モードに戻る。なお、右のお得忍者通過ならチャンス大のVIPルートとなっており大当り期待度大なので右に行くよう祈ろう。赤鬼モード中は、右打ちでゲート通過、電チュー入賞で羽根開放、玉を拾い、下部の悪入賞でV図柄を狙い16R大悪人ボーナスと継続を狙うといった分りやすい流れとなっている。

同社からは機種のポイントとして「通常時からV図柄当りすると、16R大当たり獲得に加え、赤鬼モードに突入。赤鬼モードは次回大当り期待大の“鬼アツモード”となり、モード中の当りはすべて16R(1890個)。さらに赤鬼モード終了後は運命を分ける赤鬼ルーレットに移行し、悪で停止すれば継続確定となる。赤鬼ルーレットは継続率50%、再び赤鬼モード突入に期待をかけるといった流れ。まとまった出玉感とモード継続抽選によるドキドキ感が本機最大の特徴となっている」と解説。さらに「前作では悪役が勝利すれば大当りとなりユニークな演出で好評を得た。それに加え、豊丸の役モノ機の代名詞“CR餃子の王将シリーズ”は玉の動きを楽しめるゲーム性が多くの方から支持された。この度、その二つを融合させ新たなゲーム性を搭載させることで一味も二味も違った役物機として、新登場させた」とコメントした。

ホール導入は10月を予定している。

[ 8月30日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索