サブカテゴリー

「喰霊」がパチンコに

ストーリー進行型とカードバトル型の2タイプのSTを搭載!!【機種】

© セブンラッシュ
藤商事は9月29日、東京支店においてパチンコ新機種「CR喰霊-零-」のプレス向け発表試打会を開催した。

本気は、2008年に放映され大人気アニメ「喰霊-零-」とのタイアップ機で、コンテンツファンと直接ヒアリングを繰り返し、原作の世界観を忠実に表現したことはもちろん、原作にないキャラクターたちの水着姿も解禁し、コンテンツの魅力をよりアップさせたものになっている。

スペックは大当り確率1/286.183(確変時確率1/65.998)、ST&時短回数100回、確変突入率83%、確変継続率約64.97%、ST中引き戻し率約78.28%。ST右打ち中の15R(約1940個)比率は65%となっている。たとえ初当りが通常当りであっても時短100回が付くため約29.53%と高い引き戻し率で大当りが狙えるのもポイントだ。
ST中はストーリー進行型の「Destiny Mode」orカードバトルST「Dark Side of the Duel」の2つのモードが選択でき、前者は大当り継続でストーリーが全12話に渡って進行いていく。後者は、相手のアタックポイントを上回れば勝利という爽快なカードバトルが楽しめる内容だ。

機種開発について同社は「少年少女が退魔術や格闘を駆使して闘う新感覚コンテンツとなっている。土宮神楽(つちみや かぐら)と彼女が姉のように慕う諫山黄泉(いさやま よみ)との壮絶な物語をパチンコで表現している。ファンのツボを刺激する要素として、黄泉が悪霊化する“暴走感”、超自然災害対策室が活躍する“世界観”、本機のみのオリジナル演出による“特別感”、テレビアニメで評価の高いオープニングテーマによる“高揚感”により、ファン待望のシーンとパチンコの面白さをリンクさせた演出表現を採用した。また、原作に忠実な物語が楽しめる“ストーリー進行型ST”や、原作にはなく要望の高かった水着シーンを搭載した。この他に打ち心地向上のため8個保留機能を搭載し、その専用演出も搭載、常に期待が持てる魅力ある演出になるように工夫した」とコメントし、テレビアニメは10月7日よりBS11にて再放送が決定しているのでそちらもチェックしてほしいとのこと。

ホール導入は11月上旬が予定されている。
(C)2008 瀬川はじめ/[喰霊-零-]製作委員会

[ 10月2日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索