サブカテゴリー

「真・花の慶次2」見参!!

約3年ぶり!花の慶次の「真」シリーズが大きく進化を遂げて登場!【機種】

© セブンラッシュ
ニューギンは10月5日、ベルサール秋葉原にて「CR真・花の慶次2」の新機種プレス発表会を開催した。

約3年振りとなる、花の慶次シリーズの新基軸「真」の直系続編機種として、前作の「CR 真・花の慶次」を更に凌駕。慶次シリーズ初の機能を多数搭載したことで、これまでの慶次シリーズではなかったスペックや演出を実現したパチンコ機となっている。

主催者挨拶で同社からは「花の慶次シリーズは今年で10周年を迎えることができた。ニューギンはその歴史に恥じない慶次シリーズ史上最高傑作を作り上げた。花の慶次X(いくさ)のような王道の慶次シリーズとは一線を画す、新しいコンセプトでの商品開発を目指している。昨今のパチンコのトレンドを捉える新しいパチンコ花の慶次を追求することを目標にしている。初代真・花の慶次は2015年に史上最強のスペックでファンから絶大なる支持を受け、稼働貢献28週という実績を残した。その続編である本機も最強のDNAを引き継ぎながらも、初代機にも引けを取らないスペック仕様とした。本機の最大の特徴は、シリーズ初となる右打ち中の大当りは全て約2000発という前作を上回る他に、シリーズ初の裸眼3D液晶や新しいゲーム性を採用しファンに新たな興奮を味わってもらえる内容で、ホール営業の中心となりえる機種」とコメントが発表された。

また機種概要では「真・花の慶次の後継機として従来の慶次シリーズのリーチフロー、ゲーム性とは異なり、真シリーズならではの演出展開で新たなスペック、ギミックなど大幅にパワーアップさせた。スペックは、慶次シリーズ初の右打ち時はオール2000発の出玉を搭載。初回大当りにも10%の割合で2000発が得られるので、今までの慶次シリーズにはない出玉感を実現させた。また本機ではV-確変+転落という“無双戦システム”を採用。当るか否かのドキドキ感に加え、RUSHが継続するかどうかのドキドキ感がプラスされている。さらに初回大当り時のRUSH突入率は70%となっており、たとえ非確変大当りでも時短は安心の100回搭載し、万人が打ちやすく遊びやすい慶次らしいスペックとした。また液晶演出は前作で大好評だった大画面&美麗映像による迫力ある演出はもちろん、裸眼3D液晶で原作の世界観を表現している。おなじみ激アツのキセル予告で目の前に飛び出して来るキセルは圧巻。また全てギミックが液晶演出とリンクしてインパクト抜群のデキとなっている。RUSH中の演出は異なる3つのゲーム性から選択することができる他に、歴代の名シーンを集めたプレミアムラウンドも多数搭載している」とシリーズ最強仕様の機種であると自信をみせた。

発表会ではこの他に大西洋平氏と角田信朗氏によるスペシャルライブが行なわれ、本機に収録されている新曲を熱唱、会場を盛り上げた。

本機のホール導入は12月予定とのこと。
(C)隆 慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証 YOS-239
(C)NEWGIN

[ 10月6日 ]

注目アイテム

ニュース

注目オークション

クイックアクセス

パチブログ

パチンコ機種情報

パチスロ機種情報



パチンコパチスロ検索